マッサージで使用するオイルの選び方

マッサージに使用するオイルは、安全性を重視して選びましょう。

 

また、それと同じく大事なのがご自身の肌に合っている事です。
肌が弱い方は、100%植物性のオイルを使用します。
ご自身の肌にあうかどうかは、
オイルを使用する前にしっかりとパッチテストをおこない確認してから使用します。
パッチテストの方法はオイルを15分から20分ご自身の肌につけて、
湿疹や赤みがでないかを確認します。
しかし、パッチテストの反応が1日程度経過してから現れる場合もありますので
注意しましょう。

 

オイルを選ぶ際のポイントは、自然素材の無添加、無着色のオイルを選びましょう。
自然素材のオイルでも、熱を加えず圧力だけでオイルを搾り取る
低温圧搾抽出法のオイルがおすすめです。
低温圧搾抽出法のオイルは、
栄養素やビタミンなどが壊れておらず栄養価が高く安心できるオイルです。
オイルの種類によっては肌に吸収されるので、栄養分にも注目して選ぶようにしましょう。

 

低温圧搾抽出法のオイルにも数多くの種類があり、
ホホバオイル、グレープシードオイル、アーモンドオイルなどがあります。
また、アプリコットオイルや太白ごま油、スクワワランなどにも
低温圧搾抽出法のオイルがあります。

 

もちろん無香料、無添加で安全性が高いオイルが多いので、
少々お値段も高くなりますが大変に安心できるオイルです。
これらの注意点をふまえながら、使用オイルを選んでいきましょう。

 

オイルを使用する前には、必ずパッチテストをおこないます。
種類が違う場合はアレルギーがでない場合も多いので、
ご自身の体質や肌に合ったオイルをしっかりと選んでいきましょう。

 

自由が丘の整体で歪みを治すのも大事です!